一流のエンジニアは、「カタカナ」を使わない!2020.04.21

『一流のエンジニアは、「カタカナ」を使わない!ー飛躍する技術者の8つの条件ー』

 

これは、エンジニア育成や人間関係問題解決のコンサルに携わってこられた「片桐あい」さんの本のタイトルです。

 

彼女も、エンジニアに対し敬愛の念を持ちながら接してきた中、

彼女なりにエンジニアに対して言いたいこと、願うことをまとめた本です。

 

彼女は、敢えてわかりやすく一流と二流という表現を使っていますが、

これは、技術力でなく人間力にフォーカスした比喩表現であり、

そこにエンジニアとしての差別化が出来るチャンスがあると言っています。

 

今回は、内容のイメージをつけていただくために見出しをあげておきます。

 

第1章:一流のエンジニアは、「起業家精神」を持ち合わせている

 

第2章:「技術以外の仕事」を率先してやる

 

第3章:「顧客の問題解決」を最優先に考える

 

第4章:「情報収集力」に長けている

 

第5章:「顧客心理推察力と状況察知力」が高い

 

第6章:「顧客目線」で言葉を使い分ける

 

第7章:キャリアアップしながらチームを大事にする

 

第8章:困難に打ち勝つ「感情・思考・身体」のセルフマネジメント力が高い

 


完璧な人はいないと思いますし

なにをどこまでやればいいかなどの正解もないと思います。

 

努力することに意味があると思います。

 

なにかの参考になればと思います。

 

 

コラボテクノ株式会社のサービス紹介

Webシステム開発・オンサイト開発

システムエンジニアリング(SES)サービス

エンジニアの就職・転職支援サービス「tech Compass」