過去はオール善2020.10.19

「過去はオール善」 とは、船井幸雄さんの言葉です。

 

すごく良い言葉と思います。


失敗だと思っていたことが、実は結果的に、自分にプラスになっているという意味の言葉です。

 

さらに、今はもっと頑張れるでしょ。

 

と背中を押す言葉とも感じます。

 

 


自社の採用面接でも、なぜ、この学校を選んだのですか?

 

前職は、貴方の出身学校や希望とは違った仕事ですね?

 

などと聞いたりする

 

 


意地悪なことを言っている訳でなく、

 

冷静に自分を見れているか、

 

反省することは反省出来ていて、

 

それを糧に頑張れる人かを観ています。

 

 

当社で、「tech Compass」というエンジニアの転職サービスを行っているのですが、

求職者に面接の練習、模擬面接をすることがあります。

 

その時にいつも言っていることは

まず、過去の自分をきちんと評価すること。


今考えれば、ちょっとおかしなことをした、

失敗したようなことがあっても、その時も自分で、今も自分。

 

今の自分と何が違うのかをきちんとわかっていればいいと言っています。

 

 

このブログでも同じようなことを書いています。

 

未来は計画するようなものと思いがちだが、

 

そんなことで上手くいくようなことは殆どない。

 

今や過去の延長にしか未来はないと思います。

 


言い換えると、

 

一生懸命やらないと次に繋がるものは出来ないと言うことです。

 

一生懸命、必死でやったことのある人は、大概のことは、上手く出来ると思います。

 

過去を褒めてあげて今から頑張るでいいと思います。

 

過去があってこそ今がある。

 

過去はオール善、今を頑張りましょう。

 

 

 

コラボテクノ株式会社のサービス紹介

Webシステム開発・オンサイト開発

システムエンジニアリング(SES)サービス

エンジニアの就職・転職支援サービス「tech Compass」